背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治す飲み薬・内服薬

   

背中ニキビを治すために、飲み薬や内服薬を服用するのは一つの選択肢となっております。

念入りなスキンケアを行ったり生活習慣を改善したりしても、絶対に背中ニキビが治るわけではありません。

炎症を引き起こしている背中ニキビをセルフケアで治すのは難しいので、市販されている飲み薬や皮膚科で処方される内服薬に頼るのが良いのです。

そこで、どのような医薬品を使って背中ニキビをケアすれば良いのかこのページでは説明しているので、是非一度確認してみてください。

 

市販されている飲み薬・内服薬

ドラッグストアなどで市販されている飲み薬や内服薬を服用し、背中ニキビを治すことができます。

市販薬と処方薬との違いは抗生物質の有無で、細菌そのものの増殖を抑えて炎症に対して大きな効果が期待できるのです。

市販薬には抗生物質が含まれていないケースが多く、皮膚科で処方される飲み薬と比較すると効果は薄いかもしれません。

それでも、ライオン株式会社から販売されている「ペアa錠」は背中ニキビやあごニキビといった症状に効き目がある内服薬で、グルクロノラクトンで肝機能を高め、老廃物を体外へと排出して新陳代謝を高められます。

また、チョコラBBといったビタミン剤も背中ニキビを治す方法の一つで、ビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6といった栄養素が含まれているのです。

ビタミンCはメラニン色素をやっつけてストレスへの抵抗力をつけ、ビタミンB2は脂質を分解して肌が脂っぽくなってニキビが形成されやすい状態を回避してくれます。

ビタミンB6も新陳代謝をアップさせ、みずみずしい肌を取り戻すサポートをしてくれるので、これらの栄養素が含まれたビタミン剤を服用してみましょう。

 

抗生物質

アクネ菌の繁殖によって背中ニキビが形成されている方には、抗生物質の服用が適しております。

ルリッド錠150やミノマイシンといった内服薬が有名で、細菌の繁殖を抑えるために使用し、即効性が期待できるところが大きな特徴です。

ただし、背中ニキビを直接的に治すというよりも、炎症を抑えるのがメインの効能なので、根本的な解決には至らないと頭に入れておかなければなりません。

 

抗炎症剤

ブルフェンといった飲み薬を中心とする医薬品が抗炎症剤で、抗生物質と同じように背中ニキビの炎症を和らげてくれます。

炎症が悪化すると患部が化膿して治りにくくなるので、医師の指示に従って抗炎症剤を服用して症状の改善を図るべきです。

 

漢方薬

内服薬が身体に合わず、副作用が引き起こされるような場合は、作用が穏やかな漢方薬を服用します。

身体の不調を内面から整えて体質改善を図るのが漢方薬の目的で、背中ニキビや顔ニキビの治療として以前から取り入れられているのです。

ホルモンバランスの乱れを整える当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や、慢性疲労を改善する加味逍遥散(かみしょうようさん)が背中ニキビに適していると考えられております。

しかし、自分の体質に合う漢方薬を服用しなければ意味がないので、専門医や薬剤師の意見を絶対に取り入れるべきです。

 - 背中ニキビを治す薬