背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとノンシリコン

   

背中ニキビを予防したいのならば、ノンシリコンシャンプーの使用が適しております。

「背中ニキビとシャンプー剤には関係性がないのではないか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

しかし、髪の毛を洗う際に使うシャンプー剤やコンディショナーの洗浄成分が背中の肌に残っていると、皮膚が刺激されて背中ニキビが形成される大きな原因となります。

その際に、添加物の一種のシリコンが含まれていると、余計に肌への刺激が強まるため、ノンシリコンシャンプーが良いと言われているのです。

そもそも、シリコンとはコーティング剤のことで、ジメチコンやシロキ、シリカやシクロメチコンといった成分が市販のシャンプー剤やコンディショナーの中には含まれております。

もちろん、危険性の高い成分ではなく、「髪の毛のキューティクルを守る」「毛髪がサラサラになる」「しっとりとした感じになる」「ツヤを得られる」というメリットがあるのです。

とは言え、シリコンは肌に一度付着すると取り除きづらいという性質があり、背中の毛穴を塞げば当然のように背中ニキビが形成される大きな原因となります。

その点、ノンシリコンシャンプーならばコーティング剤が使われておらず、毛穴に詰まる心配が少ないため、背中ニキビの予防に繋がるのです。

ただし、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーでも、既に形成された背中ニキビを直接的に治す効果はないため、当サイトでご紹介しているジュエルレインを使ってみましょう。

今現在では便利でお得なクレジットコースが採用されており、定期コースへの加入で1ヶ月当たりの価格が5,480円になるので、是非一度注文してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、背中ニキビの予防だけではなく、髪の毛への刺激を防ぐために、ノンシリコンシャンプーを毎日の洗髪で使用するのは選択肢の一つかもしれません。

シリコンシャンプーの全てが悪いというわけではありませんが、ラウリルやラウレスとパッケージに表記された石油系の界面活性剤は肌にとって大きな刺激となります。

「食器用の洗剤を使って髪の毛を洗っているのと一緒」という意見も飛び交っており、頭皮の肌が刺激を受ければ背中ニキビと同じように肌トラブルの原因となるのです。

一方で、ココイルやラウリン酸、コカミドやココアンホといったアミノ酸系の洗浄成分が使われているノンシリコンシャンプーならば、肌に加わる刺激を最小限に抑えられます。

シリコンは髪の毛をコーティングしてくれても、ダメージを改善するような働きは持ち合わせていないので、ノンシリコンシャンプーを使って洗髪してください。

 - 背中ニキビのケア