背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すパック

   

背中は顔とは違ってケアがしにくい箇所の一つですが、背中ニキビを治すためにパックを行うのは選択肢の一つです。

美容成分が濃縮されたシートパックや、クリーム状の保湿パック、天然の粘土で毛穴の汚れを取るクレイパックなど、美肌を維持するためにこれらのパックを使っている女性は数多くいらっしゃいます。

「美容成分を浸透させる」「肌を保湿させる」「汚れを除去する」という効果が得られるため、背中にもパックを行えば背中ニキビの予防に繋がるのです。

自分では処置が難しいので誰かの手を借りなければならないものの、背中ニキビのない綺麗な肌を維持するためにパックを利用してみてはいかがでしょうか。

もちろん、自宅でのスキンケアで上手く背中ニキビを治せないのならば、エステサロンを訪れて美容成分のイオン導入や背中パックを行うのも良いかもしれません。

「エステに通うお金がちょっと・・・」という不安を抱えている方は、以下のような方法で背中のパックを行い、背中ニキビを予防してみてください。

 

ローションを使ったパック

顔に使用する化粧水や背中ニキビ専用のローションを使い、背中にパックすることで保湿効果を更に上げられます。

ローションを清潔なコットンの中にたっぷりと含ませ、背中の上に乗せて5分間ほど放置するだけなので最も簡単な方法です。

ただし、乾かしすぎると肌に良くないので、パックした後にコットンが乾き切らないように注意しましょう。

 

オロナインを使ったパック

お風呂場で身体を洗って清潔さを保ち、その後にアルコール系の化粧水を使ってコットンパックを行います。

これは上記と同じ流れですが、その後にオロナイン軟膏を背中ニキビが隠れるくらい肌へと塗布し、手で触れたり寝具に付着しないように上からそっと絆創膏を被せるのです。

既に背中ニキビが形成されているという方は、化粧水とオロナインを使ったパックをしてみるのが良いかもしれません。

 

ヨーグルトを使ったパック

ヨーグルトを使ったパックが背中ニキビや顔ニキビの解消に適していると言われております。

市販で販売されているプレーンヨーグルトを使うだけなので、高価なスキンケア用品を使うよりも圧倒的にコストパフォーマンスが良いのです。

ヨーグルトパックを行うことで、ヨーグルトが持った自然の力により、「背中ニキビを治せる」「肌を保湿できる」「肌を引き締められる」「美白できる」という効果が得られます。

ただし、無駄な添加物や糖分といった成分が含まれていては意味がないので、無糖のプレーンヨーグルトを使うようにしましょう。

また、古い角質の毛穴詰まりを防ぐために米粒を混ぜたり、潤い効果を高めるためにオリーブオイルやはちみつを加えるのも良いです。

 

 

上記のようなスキンケアで背中ニキビを予防できるものの、パックの種類によっては毎日行っていると肌への刺激が強まります。

そのため、1週間に1回くらいのスペシャルケアとして利用するのがベストです。

それ以外は、背中ニキビを治す専用ジェルのジュエルレインを使用し、肌トラブルの予防を心掛けてみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビを治す化粧品