背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すピル

   

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方の女性ホルモンが含まれた経口避妊薬が低用量ピルで、排卵を抑制して避妊効果を発揮する飲み薬となっております。

実は、低用量ピルは経口避妊薬としての効果を発揮するだけではなく、背中ニキビにも効き目があるのです。

恐らく、低用量ピルの服用によってホルモンバランスが整い、エストラジオールの作用によってヒアルロン酸が増加して肌に潤いが加わるからではないでしょうか。

確かに、不規則な生活習慣や加齢によってホルモンバランスが乱れると、皮脂を過剰分泌させる男性ホルモン過多の状態になり、毛穴詰まりを引き起こしやすくなって背中ニキビが肌に形成されます。

そこで、低用量ピルを服用することで女性ホルモンを補い、ホルモンバランスが整えられて背中ニキビが形成されにくい体質を維持できるというメカニズムです。

炎症や化膿がある程度進むと、抗生物質やディフェリンといった医薬品では症状を抑えられないことが多く、別の視点からの対策が必要となります。

自己判断での服用は少々危険かもしれませんが、低用量ピルの服用は背中ニキビの治し方の一つというわけです。

日本で販売されている低用量ピルはエストロゲンのethinyl estradiol(EE)の配合量が少なくなっており、そのお陰で血栓症や吐き気といった副作用が軽減されます。

セルフケアで背中ニキビが治らないと悩んでいる女性は、医療機関を受診して低用量ピルを処方してもらいましょう。

また、低用量ピルには以下のような効果があります。

・確実な避妊効果が続き、「生理が来ない」という不安から解放される
・出血量が減って鉄分の消費が少なくなり、貧血の予防に繋がる
・生理周期が28日程度で安定して生理不順が改善される
・卵巣がんや子宮体がんのリスクが低下する
・生理痛や月経前症候群(PMS)の症状が和らぐ
・ホルモンバランスが整えられる
・乳房の良性腫瘍の発生率が下がる

最も上に記載した確実な避妊効果が続くという点が低用量ピルの最大のメリットなのではないでしょうか。

背中ニキビを治すためだけに低用量ピルを服用する女性は少なく、基本的には経口避妊薬として医師に処方してもらって服用する形となります。

ただし、穏やかな作用が得られる飲み薬でも医薬品という点では変わりないので、個人の体質によっては頭痛や吐き気、身体のだるさといった副作用が引き起こされるかもしれません。

現在では個人輸入代行業者を利用し、インターネット通販のような形で低用量ピルを海外から入手できるようになりました。

しかし、自分の体質に合うかどうか分かりませんし、個人輸入には何かしらのリスクがあるので、できる限り医師の処方によって入手してください。

 - 背中ニキビを治す薬