背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと冷水

   

洗顔する際や身体を洗う時は、基本的にぬるま湯を使って行うはずです。

しかし、背中ニキビといった肌トラブルを予防するために、冷水で洗うのが適していると考えられております。

正確に説明すると、最初は普段と同じようにぬるま湯を使って身体を洗い、お風呂から上がる前に冷水を流していくのです。

洗顔にもこの方法が良いと言われており、冷水の使用によって開いた毛穴を引き締めて、新たな汚れや皮脂が入り込むのを防いでくれます。

汚れや皮脂が毛穴に入り込み、炎症を引き起こすことで背中ニキビが発生するので、肌を清潔に保つだけではなく引き締めも欠かさずに行わなければなりません。

顔の肌は洗顔の後に化粧水や乳液といったスキンケア用品を使って処置している女性が多くても、背中は自分の目で見えないのでケアが疎かになりやすいはずです。

それに、冷水の使用により、「温度差で血液の循環が良くなる」「肌がひんやりとして心地良い」というメリットが得られます。

特に、気温が高くて蒸し暑い夏場の肌のケアとして、冷水は適しているのではないでしょうか。

冷たい水を一気に身体全体にかけるような真似をしなければ負荷は抑えられますし、この方法で背中ニキビを治せたという方は数多くいらっしゃいました。

しかし、冷水の使用は洗顔の場合も身体を洗う場合も、以下のようなデメリットがあるので注意が必要です。

・毛穴が引き締まるのは冷水で流した瞬間で時間の経過で元に戻る
・急激な温度の変化は乾燥肌や敏感肌の人にとって刺激が強すぎる
・毛穴が開いていないと化粧水や美容液に含まれている有効成分が浸透しにくい
・汚れが落ちていない状態で引き締めると溜め込んで肌トラブルが生じる

上記のような弊害があるため、冷水の使用で必ずしも背中ニキビの症状が改善されるわけではないのです。

高齢者や心臓の弱い方が冬場に冷水を使った処置を行えば、確実に身体には大きな負担が加わります。

心臓の病気を悪化させる要因ともなるので、十分に注意しなければなりません。そこで、毛穴を引き締めながら顔や身体を洗うために、水温を32℃に設定しましょう。

肌に最も刺激が加わらないのは32℃前後のぬるま湯だと考えられており、冷たすぎると毛穴の皮脂や汚れを落とせず、熱過ぎると皮脂が奪われすぎて乾燥します。

乾燥が原因で肌のターンオーバーが乱れ、古くなった角質が肌に残されて背中ニキビが引き起こされる原因となるのです。

当サイトでご紹介しているジュエルレインは肌への潤いに焦点を当てており、背中を保湿しながらニキビケアができるので是非一度使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビのケア