背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すルリッド錠

   

背中ニキビを治すのに効果的な内服薬の一つがルリッド錠で、マクロライド系の抗生物質となっております。

気管支炎の痰切り剤としても利用されており、ルリッド錠の服用で細菌の異常繁殖を抑えられるのです。

背中ニキビの原因は個人によって大きく異なるものの、基本的には毛穴の中に皮脂や汚れが詰まり、アクネ菌やブドウ球菌が繁殖することで炎症が引き起こされます。

まずは細菌の繁殖を食い止めて炎症を抑えなければならないので、ルリッド錠のような抗生物質を服用するのです。

抗炎症作用を持ち合わせているということで、ルリッド錠は背中ニキビだけではなく皮膚炎や湿疹の治療としても用いられております。

以前はニキビ治療としてミノマイシンが皮膚科で処方されることが多かったのですが、ルリッド錠の副作用が軽いことが判明し、現在では積極的にこの飲み薬が処方されるようになりました。

1錠当たり72円とコストパフォーマンスが良く、背中ニキビだけではなくおでこニキビや顎ニキビ、お尻ニキビにも効き目があるところが大きな特徴かもしれません。

炎症を引き起こした赤ニキビの場合、毎日のスキンケアでは回復までに時間がかかるかもしれないので、自分の力で治せないのならば皮膚科を受診してルリッド錠を処方してもらうべきです。

もちろん、場合によっては他の内服薬を服用した方が良い場合もありますし、塗り薬の方が体質的に合っているかもしれないので、医師の指示に従って治療していきましょう。

とは言え、抗生物質は背中ニキビそのものを治すよりも、炎症を抑えたり細菌の繁殖を食い止めたりするものなので、皮脂が詰まっただけの白ニキビや黒ニキビは、当サイトでご紹介しているジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、ルリッド錠を服用すると主成分のロキシスロマイシンが溶け出し、細菌を抑える作用があるので背中ニキビの発症を防いでくれます。

そして、炎症を引き起こすリパーゼ生成も同時に抑制できるため、アクネ菌やマラセチア菌によって発症した赤ニキビの治療として効果的なのです。

上記でも説明したように特に大きな副作用で悩まされることはないものの、医薬品という点では変わりないので、腹痛や下痢、吐き気といった症状が引き起こされる場合があります。

医師が指示する用法や用量を守らずに服用していると、思わぬトラブルが引き起こされるかもしれないので注意しなければなりません。

また、肝機能に問題がある方や、喘息を持っている方もルリッド錠を服用しない方が良いと言われております。

どの内服薬で背中ニキビを治療するのがベストなのか素人では正確な判断を下せないので、持病をお持ちの方は最初に専門医にしっかりと告げてください。

 - 背中ニキビを治す薬