背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビは再発するの?

   

背中は頭皮や顔の次に皮脂の分泌量が多く、背中ニキビが形成されやすくなっております。

毛穴への皮脂の詰まりが生じやすい部位なので、再発もしやすいのが大きな特徴です。

背中ニキビが一度治って綺麗な肌になったのにも関わらず、再発してブツブツが広がったという経験をした方は多いかもしれません。

この毛穴詰まりを改善しなければ背中ニキビの再発を防ぐことはできないため、日頃のケアが非常に重要なのです。

これは背中ニキビに限らず顔にも言えることですが、ニキビは以下のような流れで肌に形成されます。

①乾燥などが原因で肌の角質が硬くなって毛穴が狭くなる
②過剰に分泌された皮脂が毛穴の中に詰まって白ニキビができる
③詰まった皮脂が酸化して黒ニキビへと変化する
④毛穴の中でアクネ菌やブドウ球菌が繁殖して炎症を起こし、赤ニキビができる
⑤炎症が進んで化膿し、膿を持った黄ニキビができる
⑥更に放置することによって色素沈着やクレーターのニキビ跡が残る

このニキビのループを食い止めなければ、一旦治癒しても時間の経過によって再発します。

しかも、治って再発してという状態を繰り返すことにより、最初よりも治りにくくなったり炎症が酷くなったりするので、負のスパイラルを止めることが美肌の維持の秘訣なのです。

そこで、再発防止のためにも無駄な皮脂や角質が残らないように肌を清潔に保ち、保湿ケアを中心的に行って肌のバリア機能を高める必要があります。

肌が乾燥しているとバリア機能が低下して背中ニキビが形成されやすいため、保湿が非常に重要な意味合いを持っているのです。

そこで、「既に形成された背中ニキビを治す」「新たに形成される背中ニキビを予防する」「肌を保湿する」という3つの力を持っているのがジュエルレインなので、是非一度使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、重症化した背中ニキビには無数のコメド(ニキビの芯)が存在しており、セルフケアで全てを取り除くのは困難です。

無理に芯を取り除くような真似をしていると再発しやすくなりますし、炎症を重ねる度に悪化してニキビ跡が肌に残りやすくなります。

自然治癒で症状が回復するのは白ニキビや黒ニキビの状態だけなので、炎症や化膿が酷くなっているのならば早めに皮膚科を受診しましょう。

皮膚科では個人の背中ニキビの症状や肌質に合わせて、塗り薬や飲み薬を処方してくれます。

それに、小さな針を使って一つ一つコメドを丁寧に取り除いていく面ぽう圧出と呼ばれる治療が実施されており、ニキビ跡を残すことなく治癒できるのです。

一部分に集中した背中ニキビにも効き目のある治療で、セルフケアに限界を感じている方に最適かもしれません。

もちろん、知識を持った専門医が正しい器具を用いて潰していくため、セルフケアとは違って再発のリスクを防げます。

背中ニキビが治った後に再発するというループを食い止めるために、自宅でのスキンケアの方法も見直さなければならないので、専門医から詳しいアドバイスを受けてみてください。

 - 背中ニキビに関するFAQ