背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとサリチル酸

   

背中ニキビや顔ニキビのケア用品の中に含まれていることの多い成分がサリチル酸で、テレビのコマーシャルでも有名なプロアクティブの中にも含まれております。

背中ニキビ専用のジェルやクリームの中にも配合されており、サリチル酸がどのような成分なのか疑問を抱いている方は多いはずです。

サリチル酸は配合量によって肌への作用が変わるという特徴があるものの、基本的に殺菌防腐作用や角質溶解作用を持ち合わせております。

油に溶けやすい性質なので顔の脂とも馴染みやすく、肌の中にも浸透して毛穴の奥に詰まった皮脂を溶かしだす効果があるのです。

ブツブツにサリチル酸が含まれたクリームなどを塗ると角栓が少しずつ溶け、毛穴の中に詰まるのを防いでくれるため、背中ニキビの症状に効き目があるのは間違いありません。

また、サリチル酸が背中ニキビに効果的だと言われているのは穏やかなピーリング作用があるからで、古くなった角質を溶かして肌のターンオーバーを促す働きがあります。

不規則な生活習慣が引き金となって肌のターンオーバーが乱れている方は多く、古くなった角質が毛穴の中に詰まれば背中ニキビが引き起こされるのです。

皮膚を再生させて健康な肌を取り戻す治療はケミカルピーリングと呼ばれており、美容皮膚科などでニキビ跡の改善として用いられております。

この治療ではAHAと呼ばれるフルーツ酸が使われることが多く、クエン酸やリンゴ酸などその種類は様々で、サリチル酸もその一つというわけです。

とは言え、現在ではケミカルピーリングとしてサリチル酸は以前ほど使用されておらず、今はグリコール酸がメインとなっております。

市販で販売されているピーリング石鹸やローションの中にもグリコール酸が含まれており、恐らく肌に浸透しやすく美肌効果が得やすいとともに、アレルギーや炎症を引き起こしにくいからではないでしょうか。

どの成分にしても新陳代謝を促せるという点では変わりありませんし、サリチル酸もグリコール酸も背中ニキビの改善として適しております。

そのため、これらの成分が配合されたスキンケア用品を選び、背中ニキビの症状が悪化しないように処置を施すのは選択肢の一つです。

ただし、既に肌に引き起こされた背中ニキビを治す効果は高くても、これから形成される背中ニキビを予防するような効果はありません。

それに、サリチル酸はヒアルロン酸やプラセンタのような他の美容成分とは違って肌への刺激が強く、発赤や痒みといった副作用のリスクがあります。

特に、初めてサリチル酸が含まれた化粧品を使う場合はピリピリとした刺激を訴えることが多く、プロアクティブの公式サイトでも敏感肌の方は使用を控えるようにと記載がありました。

逆に背中ニキビの症状が悪化してしまっては全く意味がないので、サリチル酸の含まれていないジュエルレインを使って症状を和らげられるように努力してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビと関係のある成分