背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

産後の背中ニキビ

   

産後の女性は妊娠中と同じように、ホルモンバランスの変化によって背中ニキビといった肌トラブルが引き起こされやすくなります。

ホルモンバランスによって背中ニキビが形成されやすい理由については、妊娠中の背中ニキビというページでも説明致しました。

簡単に説明すると、産後を迎えると女性ホルモンの分泌が極端に低下し、のりが悪くなって肌を整えられなくなり、背中ニキビや吹き出物が形成されやすくなるというメカニズムです。

食事内容の変化も産後に背中ニキビが引き起こされやすい原因の一つで、授乳しているとお腹がすいてついつい甘いものや脂っこいものに手を出してしまいます。

赤ちゃん主体の生活で料理をしている暇が無く、スナック菓子やインスタント食品に偏った食生活を送っていると肌の回復に必要なビタミンやミネラルを摂取できなくなり、肌トラブルが加速してしまうのです。

栄養バランスの乱れが引き金となって背中ニキビが引き起こされるのは決して珍しいわけではないので、産後の女性は特に食生活に気を配らなければなりません。

そこで、野菜類や魚類も食べて栄養素のバランスに気を配るとともに、ホルモンバランスを整える大豆製品の摂取がおすすめです。

大豆製品の中に含まれているイソフラボンはエストロゲンと似た作用を持ち合わせているため、毎日の食事で上手く取り入れられない方はサプリメントに頼ってみるのが良いのではないでしょうか。

もちろん、産後の女性も日々のスキンケアに気を配って背中ニキビ治すという対策が重要なので、当サイトでご紹介しているジュエルレインを使ってみるべきです。

産後のデリケートな肌にも使用できる美容ジェルなので、毎日のスキンケアの中にジュエルレインを取り入れてみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、産後は慣れない子育てをしなければならず、不規則な生活になります。

赤ちゃんを育てるために夜中に何度も起きて授乳するのは必須ですし、睡眠不足で悩んでいる産後の女性は少なくありません。

自分達夫婦の赤ちゃんが生まれて嬉しいという気持ちとは裏腹に、初めての子育てならば尚更ストレスも溜まりやすく、これも背中ニキビが引き起こされる大きな要因となっております。

過度のストレスが溜まっていると自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れるため、背中ニキビを中心とする肌トラブルが生じても不思議ではないのです。

そのため、精神的なストレスを溜め込まないためにも、産後の女性は普段の生活でリフレッシュを心掛けましょう。

赤ちゃんが主体の生活になるのは致し方ありませんが、リラックスするためにアロマを焚いたり入浴したりとストレスの解消に取り組むべきです。

 - 背中ニキビと年齢・性別