背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとサウナ

   

個人によって異なるものの、毛穴に汚れや皮脂といった老廃物が詰まることが原因で背中ニキビが発生している方はいらっしゃいます。

背中は自分の目で確認することができず、丁寧に洗っているつもりでも洗い残しが発生しやすい部位なので、背中ニキビの改善のためにサウナに入るのがおすすめです。

皮膚科の医師の中には、「背中ニキビを治すためにサウナで汗をかくのが効果的です」と患者さんに説明している方がいらっしゃいます。

それは、汗をかくことで老廃物が効率良く排出され、肌の新陳代謝が高まって血行が促進されるからです。

毛穴の中の汚れや汗を除去すれば詰まって雑菌が繁殖し、炎症を引き起こすという状態を回避できるので、背中ニキビの予防に効果的なのは想像できるのではないでしょうか。

そこで、どのようなサウナの入り方が背中ニキビの予防として適しているのか以下では説明しているので、是非参考にしてみてください。

①身体を綺麗に洗って老廃物を体外へと排出しやすくする
②10分間から15分間程度に渡ってサウナに入って身体を温める
③汗を流して水風呂の中にゆっくりと入る
④二回目のサウナも10分間程度に渡って入る
⑤年齢や体調によって異なるものの3セット程度続ける
⑥汗が肌に残らないようにきちんと流して清潔なタオルで拭き取る

サウナの後は肌が乾燥しているので、乾燥が原因で背中ニキビの症状を悪化させないためにもきちんと保湿する必要があります。

顔と同じように背中も念入りに保湿してあげなければならず、化粧水を多めに塗布して乳液や美容液でフタをするべきです。

また、塩を身体に擦り込んで入る塩サウナも効果的だと言われており、普通に入るよりも温熱効果が高まり、新陳代謝が向上して老廃物の排出が促されます。

以上のようなケアを行うことで背中ニキビの予防だけではなく、「シミやソバカスの除去」「ホルモンバランスを正常に戻す」「ダイエットの促進」といった効果が得られるのです。

女性の場合、ホルモンバランスの乱れによって肌荒れが引き起こされていることがあるかもしれません。

ストレスが溜まる生活を送っていると更年期や妊娠中ではなくてもホルモンバランスは自然と乱れてしまうため、リラクゼーション効果を高めるためにもサウナの利用は最適です。

サウナでかいた汗を放置していなければ、毛穴の中に詰まって背中ニキビの原因に繋がることは絶対にないでしょう。

とは言え、既に炎症や化膿を引き起こしていて、ちょっとした刺激でも過敏になっている背中ニキビが形成されている場合は、サウナの利用は避けた方が良いと言えます。

背中にかく汗だけでも刺激になるかもしれないので、当サイトでご紹介している美容ジェルのジュエルレインを使用し、少しでも症状を和らげられるように努力してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビのケア