背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

生理前の背中ニキビ

   

生理前になると必ずと言って良いほど背中ニキビが肌に形成されると悩んでいる女性はいらっしゃいます。

生理前の女性は様々な不快な症状に悩まされやすく、その一つが背中ニキビというわけです。

もちろん、背中ニキビだけではなく、頭や胸、お尻や二の腕といった部位に肌荒れが生じると悩んでいる生理前の女性は少なくありません。

生理前の背中ニキビの大きな原因はホルモンバランスで、皮脂の分泌を増やしたりメラニンを生成したりする女性ホルモンのプロゲステロンの分泌量が増します。

プロゲステロンの影響で皮脂腺の活動が活発になり、脂分の分泌が増えるからこそ毛穴の中に詰まりやすく、雑菌の繁殖によって背中ニキビが肌に形成されるというメカニズムです。

生理が終わって排卵までの約1週間は、肌の潤いやハリを出してくれるエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えるものの、生理前2週間はプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が高まります。

また、生理前は黄体ホルモンによる影響で以下のような不快な症状が引き起こされることが多く、月経前緊張症候群(PMS)と呼ばれているのです。

・めまい
・腹痛
・頭痛
・便秘
・下痢
・胸が張る
・イライラしやすく
・緊張しやすくなる
・疲れやすい
・集中力が途切れる

女性によって月経前緊張症候群(PMS)の症状には違いが生じているものの、日常生活に支障が出るケースは少なくありません。

これらの不快な症状によってストレスが溜まり、背中ニキビが悪化している可能性も十分にあります。

どちらにしても生理前に生じる一時的な症状で、生理が終わってホルモンバランスが安定してくれば自然とおさまっていくのです。

しかし、生理前に間違った対策をしていると、ホルモンバランスが整っても背中ニキビが改善されないかもしれないので、食生活の乱れや睡眠不足には注意しましょう。

プロゲステロンが増える生理前は皮脂の分泌量が増えやすいので、脂分を控えめにした食事がおすすめで、ビタミンB2が含まれた緑黄色野菜や大豆、ビタミンB6が含まれた魚類が適しております。

また、生理前はホルモンバランスの影響で体温が高まり、寝付けない日々が続くかもしれませんが、睡眠不足は肌にも悪影響なので眠りの質を高めるような対策も練るべきです。

他にも、背中ニキビを治すために肌の保湿を忘れてはならないので、ビタミンCやヒアルロン酸といった潤い成分が含まれたノンコメドジェニック表示の化粧品を使ってみてください。

当サイトでご紹介しているジュエルレインは背中ニキビを治すために作られたコスメアイテムなので、肌荒れで悩む生理前の女性におすすめです。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビと年齢・性別