背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

洗剤が原因の背中ニキビ

   

senzai

洗剤の中に含まれている成分が原因で背中ニキビが形成されている方は少なからずいらっしゃいます。

もちろん、「洗濯洗剤を背中に塗布して雑菌を殺菌しよう」と考えている人はいないはずです。

しかし、市販で販売されている洗濯洗剤が自分の肌に合っていないと、その洗剤を使って洗った衣服を着た際に刺激となり、背中ニキビができる原因となります。

特に、乾燥肌や敏感肌の方は些細な刺激で肌がダメージを受けやすいため、背中ニキビを予防するためにも洗剤の種類を見直してみた方が良いかもしれません。

一口に洗剤と言っても、以下のように様々な種類の製品がドラッグストアや薬局で販売されております。

合成洗剤:界面活性剤が主成分で衣服に付着した汚れの種類によって酸性・弱酸性・中性・弱アルカリ性・アルカリ性に分けられている

洗浄剤:アルカリの化学成分によって汚れを落とすタイプで、合成洗剤よりも強力な作用を持ち合わせている

漂白剤:衣服のシミや汚れを化学反応によって分解する作用があり、脱脂力の強い酸素系・漂白力が強い塩素系・鉄サビを取る還元型に分けられている

研磨剤:こびりついた汚れを擦って落としてくれるのが研磨剤で、粉末タイプとクリームタイプの2種類がある

洗濯洗剤に焦点を当てるのならば、市販では一般衣料用粉末洗剤や一般衣料用液体洗剤が販売されております。

シミや泥といった汚れを高い洗浄力で落としてくれるのが一般衣料用粉末洗剤で、抗菌性能に優れていて汗やニオイの除去効果が高いのが一般衣料用液体洗剤です。

どのような製品にしても刺激のある化学成分が含まれているケースが多く、その洗濯洗剤を使って洗った衣服を着用することで背中ニキビの原因となります。

洗剤は衣服に付着することは比較的少ないかもしれませんが、柔軟剤の場合は化学成分が衣服の繊維に残されるため、背中ニキビや吹き出物といったトラブルに繋がるかもしれません。

「合成洗剤から無添加の洗剤に変えてから背中ニキビが形成されなくなった」「柔軟剤の使用をやめたら肌トラブルが改善された」という方は意外と多いので、背中ニキビを治すためにも普段の洗濯方法を見直してみるべきです。

洗濯洗剤を石鹸系に変えるのも一つの手段ですが、それでも改善されないのであれば重曹を加えてみましょう。

市販の洗剤を半分にして、その代わりに研磨力を持ち合わせた安全性の高い重曹を加えることにより、肌への刺激を多少なりとも和らげられます。

以上のように、背中の肌は皆さんが想像している以上にデリケートなので、些細な刺激でも見逃さないで和らげる努力をしてみてください。

 - 背中ニキビの原因