背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

紫外線が原因の背中ニキビ

   

taiyou

「小麦色に日焼けしている肌は健康的」と子供の頃に言われた経験のある方は多いかもしれません。

確かに、一昔前はマンガやテレビゲームといった家の中での遊びよりも、外で元気に動く子供の姿が想像できました。

しかし、太陽から降り注ぐ光の中には紫外線が混じっており、これが背中ニキビを引き起こす原因となるので注意が必要です。

そもそも、紫外線はUV(ウルトラバイオレット)と呼ばれており、波長が短くてエネルギーの高い太陽からの光のことを指します。

この紫外線を浴びることで肌が火照って皮脂の分泌が減少し、肌は乾燥傾向になってダメージを受け、背中ニキビが引き起こされる大きな原因となるのです。

それに、紫外線の影響で肌は日焼けし、そのダメージから守るために角質層そのものが分厚くなる角質肥厚と呼ばれる状態になります。

角質肥厚した肌は生まれ変わりのターンオーバーが乱れやすく、本来であれば剥がれ落ちるはずの古い角質がいつまでも肌に残され、毛穴の中に詰まってニキビ菌が繁殖しやすくなるのです。

普段ならば背中は衣服に覆われているため、太陽の紫外線を直接浴びることは無いでしょう。

しかし、海水浴やプールへと出掛けると背中は無防備な状態になりますし、紫外線を浴び続けることで背中ニキビやシミの原因となるため、欠かさずにUV対策を行わなければならないのです。

太陽からの紫外線は1種類というわけではなく、波長の違いによってUV-AとUV-Bの2つに分けられます。

UV-A:肌の奥の真皮にまで到達し、弾力成分のコラーゲンやエラスチンを変化させて、シワができやすくなったりメラノサイトが活性化してメラニンが増えたりする

UV-B:肌の表面近くまでしか到達しないものの、ヒリヒリと日焼けしやすく、肌のターンオーバーのサイクルを乱して乾燥が引き起こされる

どちらの紫外線でも肌に対する悪影響が強いという点では変わりありませんし、背中ニキビ以外の肌トラブルも引き起こされやすくなります。

特に、皮膚の常在菌のアクネ菌はポルフィリンと呼ばれる老廃物を排出し、この物質に紫外線が当たると肌の老化を引き起こす活性酸素が大量に発生するのです。

活性酸素の発生でシミやシワといった老化に繋がりやすいため、綺麗な肌を維持したいのであれば紫外線を避ける対策を行わなければなりません。

日差しが強い時期や夏場に海水浴へと出掛ける際は、背中ニキビやシミを予防するためにも欠かさずに日焼け止めを肌へと塗布するようにしてください。

 - 背中ニキビの原因