背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと塩

   

料理に欠かせない調味料の一つが塩で、味付けの基本となる「さしすせそ」の一つです。

普段から料理をしている女性ならば、「砂糖」「塩」「酢」「醤油」「味噌」の5つの調味料が欠かせないということはお分かり頂けるかもしれません。

この塩は「殺菌効果」「血行促進作用」「新陳代謝活発作用」の3つを持ち合わせており、お風呂の中に入れたり洗顔料に加えたりすることで美肌をサポートしてくれます。

顔ニキビの改善には洗顔料の中に加えて洗い、背中ニキビの改善には湯船の中にお湯と塩を入れて入浴するのが最適です。

実際に、サウナで開いた毛穴に塩をすり込む塩サウナは美容に良いと考えられており、以下のような効果が期待できます。

・毛穴に詰まった皮脂を落として背中ニキビを予防してくれる
・肌が色白になってハリや潤いを取り戻せる
・皮膚の殺菌消毒効果によってアカを落としたりフケを減らしたりできる
・肌の表面に溜まった古い角質を落とすデトックス効果が得られる
・余分な水分や脂肪分を排出してダイエット効果が得られる
・胃腸の働きを促進して便秘や下痢の解消に繋がる

通常のサウナよりも塩サウナの方が圧倒的に高い効果が得られますし、自宅でお風呂に入る際に塩を患部へと擦り込めば塩サウナの代わりになります。

スキンケアの難しい背中ニキビでも、湯船の中に入浴剤の代わりとして塩を入れて入浴するだけなので簡単ですし、肌が綺麗になるという効果は事実です。

「湯船に180Lのお湯を注ぐ」⇒「30g~60g程度の塩を入れる」⇒「良くかき混ぜる」⇒「10分間程度浸かる」という流れで自宅で塩風呂が試せます。

塩を入れてからお風呂に入るだけで普段よりも大量の汗が出ますし、その際に体内の不要な老廃物や毒素が排出されるので、新陳代謝の向上に繋がるのは間違いありません。

特に、デスクワークが中心で運動不足に陥っており、汗をかかない生活を送っている方は確実に新陳代謝が低下しております。

その影響で背中ニキビの症状が悪化していると考えられるので、自宅での塩風呂の利用が最適なのです。

ニキビが気になる部分に直接すり込む方法も適しておりますが、間違った使い方をしていると逆に肌荒れが引き起こされる原因となります。

背中ニキビのケアに粒が大きな粗塩や精製塩を使うと肌を傷めて刺激を与えるだけなので、ミネラルをたっぷりと含んだ天然塩を利用しましょう。

また、乾燥肌や敏感肌の方にとっては少々刺激が強く、赤く炎症を引き起こす原因となるので、塩を使ったスキンケアではなく専用のジュエルレインを使うようにしてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビと関係のある食品・飲み物