背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

思春期(10代)の背中ニキビ

   

背中ニキビは大人だけではなく、10代の思春期にも引き起こされやすい症状の一つとなっております。

中学生時代や高校生時代の10代の思春期は子供から大人へと成長する段階で、ホルモンバランスが崩れやすいのが大きな特徴です。

特に、男性ホルモンが過剰に分泌されやすく、体外へと排出しきれずに毛穴詰まりを引き起こすことで背中ニキビが形成されます。

基本的に思春期ニキビはおでこから鼻の頭にかけてのTゾーンに形成されるケースが多く、それはこの部位に分泌される皮脂の量が多いからです。

しかし、背中も顔や頭皮の次に皮脂の分泌量が多いため、10代で背中ニキビに悩まされるのは決して不思議な現象ではありません。

ホルモンバランスの変化は成長ホルモンが深く関わっており、男性ならばテストステロンやアンドロゲン、女性ならばエストロゲンです。

これらのホルモンの影響によって皮脂の分泌量が増えるのは自然な現象ですが、毛穴の中に詰まって雑菌が繁殖しやすくなるため、10代の思春期は背中ニキビに悩まされやすくなります。

「プールの授業で背中を見られるのが恥ずかしい」と悩んでいる中学生や高校生は多いのではないでしょうか。

思春期を過ぎて皮脂の分泌量が落ち着けば自然と背中ニキビが治るかもしれませんが、間違ったケアをしたり放置したりしていると治りにくいニキビ跡に繋がるので注意が必要です。

そこで、背中ニキビの症状を和らげるためにも、当サイトでご紹介している美容ジェルのジュエルレインをおすすめします。

肌に潤いを与えながら背中ニキビの炎症を抑えてくれるスキンケアアイテムとなっており、10代の女性でも使用できるのでジュエルレインによる対策を始めてみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、10代の思春期の男子や女子に限った話ではありませんが、皮脂の過剰分泌によって背中ニキビが形成されているからといって、毛穴から無理矢理皮脂や汚れをかきだすような行為は危険です。

毛穴に刺激を与えたことが原因で、背中ニキビを治すどころかニキビ跡やシミが形成されやすくなります。

成長ホルモンのバランスが成長とともに安定しても、ニキビ跡が一度肌に形成されると消えにくいため、肌に負担の加わらないようなケアを行わなければなりません。

また、皮脂が過剰に分泌されて脂っぽくなるからといって、洗浄力の強いボディソープを使って身体を洗っていると逆に肌が乾燥します。

肌から皮脂がなくなると刺激から守るために、より多くの皮脂が分泌されるという特徴があり、余計に環境は悪化していくのです。

肌を清潔な状態で保たなければならないのは間違いないものの、紫外線の刺激などから守っている重要な存在なので、なるべく無添加の石鹸などを使ってケアを行いましょう。

他にも、「偏った食事を避けてバランスの良い食生活を送る」「睡眠をしっかりととってホルモンバランスを整える」という対策を10代の思春期の方は行ってみてください。

 - 背中ニキビと年齢・性別