背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビの種類

   

背中ニキビには幾つかの種類があり、症状によって治し方も微妙に異なります。

これは背中ニキビに限った話ではなく、顔やデコルテ、二の腕やお尻といった部位にも言えることかもしれません。

そこで、以下では背中ニキビの種類をご説明しているので、自分がどの症状に当てはまるのか確認してみてください。

 

白ニキビ

最も起こりやすい種類のニキビが白ニキビで、皮脂が毛穴に詰まっただけの初期段階と言えます。

自分の背中を触ってみて、「ザラザラする」「ブツブツと違和感がある」と感じたことのある方はいらっしゃるはずです。

この状態が白ニキビで、小さな吹き出物のような物体が肌に形成されるという特徴があります。

初期段階とは言え、背中ニキビには変わりないので、症状が悪化する前に毎日のスキンケアを見直して対策を練りましょう。

 

黒ニキビ

毛穴に詰まった皮脂の表面が酸化した状態が黒ニキビで、ブツブツとイチゴのよう見える特徴があります。

専門的には「開いたニキビ」と呼ばれており、肌が余分な皮脂を過剰に分泌しすぎたことが原因です。

元々は皮脂なので汚いものではありませんが、白ニキビよりも治すのに時間がかかるかもしれません。

背中ニキビはただでさえケアが難しい部位なので、脂分をきちんと落とせる石鹸やボディソープを使って洗い流すべきです。

 

赤ニキビ

毛穴に詰まった皮脂が酸化し、その状態でアクネ菌やブドウ球菌が異常繁殖して炎症を引き起こした種類の吹き出物が赤ニキビです。

炎症が引き起こされている状態で赤く腫れ上がっているケースも多く、なるべく刺激を与えないような処置をしなければなりません。

大量に発生したアクネ菌が皮膚組織を刺激するため炎症が引き起こされ、毎日のスキンケアでは治らないこともあるため、抗炎症作用のある成分を含んだ塗り薬や内服薬の使用が適しております。

 

黄ニキビ

赤ニキビが重症化して患部に膿が発生した状態が黄ニキビで、膿疱(のうほう)とも呼ばれております。

アクネ菌やブドウ球菌が増殖して炎症を引き起こし、その状態を放置していると白血球が雑菌を殺すために活発に働き、その死骸が膿となって患部に溜まるというメカニズムです。

内部組織や細胞にダメージが加わっているケースが多く、黄ニキビの状態は化粧水やクリームといったスキンケア用品で治すのは難しいかもしれません。

それに、ニキビ跡となって肌に残される危険性もあるため、早めに皮膚科を受診して適切な対処を行うべきです。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビのメカニズム