背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すステロイド

   

背中ニキビや湿疹の治療の際には、皮膚科でステロイド剤が処方されることがあります。

ステロイド剤は抗炎症作用と免疫抑制作用を持ち合わせており、内服薬や外用薬、注射や点鼻薬など様々な種類があるのです。

背中ニキビの治療の場合には主に内服薬と外用薬が使用され、個人の体質に合わせて適切な医薬品が医師から処方されます。

主にアトピー性皮膚炎の治療に用いられるのですが、背中ニキビもアトピーと同じように皮膚炎の一種ですし、炎症や化膿が悪化するケースは多いため、限定的にステロイド剤を使用した方が良い場合もあるのです。

また、炎症自体に働きかけるのではなく、組織の反応を低下させて体内で発生した炎症を抑制するのがステロイド剤の大きな特徴かもしれません。

毛穴に皮脂が詰まった状態の初期段階の白ニキビや黒ニキビならば、放置していても自然と治る場合がありますし、普段のスキンケアで何とかなります。

しかし、雑菌が繁殖して患部が炎症を引き起こせば治りにくいのは間違いないため、医師の判断に応じてステロイド剤が処方されるのです。

ただし、得られる作用が強い代わりに、ステロイド剤は以下のような副作用のリスクがあるので注意が必要となります。

・皮膚の萎縮
・塗布した場所が赤くなる
・ムーンフェイス
・糖尿病のリスクが高まる
・骨粗しょう症
・毛細血管の拡張
・皮膚の感染症
・体毛が濃くなる

塗り薬なのか内服薬なのかによって引き起こされる副作用には違いがあるものの、思わぬトラブルが生じるかもしれないので自分勝手な判断で使用してはいけないのです。

それに、ステロイド剤で炎症を素早く取り除けば背中ニキビを早期治療できると考えられておりますが、ニキビの原因となるアクネ菌は免疫が抑制されると増殖しやすくなります。

ステロイド剤の主な効果の一つが免疫抑制作用で、アクネ菌の繁殖によって逆に症状が悪化する恐れがあるため、皮膚科で積極的にステロイド剤の治療が勧められるケースは少ないはずです。

他にも、免疫力の低下によって感染症の影響を受けやすくなる方もおり、背中ニキビの悪化や毛嚢炎が引き起こされることもあります。

誤った処置を取れば背中ニキビを治すどころか症状が長引く原因となるので、「背中ニキビにはステロイド剤を使用していれば良い」というわけではありません。

炎症や化膿が悪化していないプツプツとした背中ニキビならば毎日のスキンケアで回復するはずなので、まずは当サイトでご紹介しているジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビを治す薬