背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとティーツリー

   

teatree

アロマオイルとして馴染みが深いのがティーツリーで、女性ならば一度はその名前を聞いたことがあるかもしれません。

アロマオイルのティーツリーは抗菌作用が非常に高く、雑菌の繁殖を防いで背中ニキビの改善に繋げることができます。

そもそも、ティーツリーはオーストラリアに生育する樹木から抽出されたオイルで、有効成分はテルピネン-4-オールです。

テルピネン-4-オールは抗菌作用や抗真菌作用が強く、アクネ菌の駆除にも効果が得られるため、背中ニキビにも効き目があると考えられております。

もちろん、アクネ菌が背中ニキビの全ての原因というわけではなく、肌の乾燥によって引き起こされるケースも少なからずあるはずです。

それでも、背中は汗をかきやすく、しかも衣類に覆われていることの多い部位ということで、不衛生な状態になりやすいという特徴があります。

そのため、ティーツリーを使った背中ニキビケアは効果的ですし、以前から虫除けや虫刺されの処置に利用されており、直接肌へと塗布しても大きな害は無いのです。

しかも、ティーツリーは口内炎や歯肉炎、感染症の予防や鼻炎など様々なトラブルに効き目がある万能なオイルとなっております。

抗菌作用が強いのにも関わらず、肌への刺激はそこまで高くないですし、背中ニキビだけではなく切り傷やすり傷、たんこぶや皮膚炎の改善効果もあるのです。

とは言え、肌への刺激に関しては個人差があるので、背中ニキビの患部に直接塗布する場合は最初に別の場所でパッチテストを行った方が良いでしょう。

パッチテストで異常が見られないとしても、敏感肌や乾燥肌の人が背中ニキビのケアとしてティーツリーを使う場合は、原液をそのまま綿棒を使って塗布するのではなく希釈して使うべきです。

アーモンドオイルやホホバオイル5mlに対してティーツリー1滴が目安で、原液を希釈して肌へと塗布すれば多少なりとも刺激を抑えられます。

ティーツリーによる背中ニキビのケアを行い、「だんだんと赤みが消えていった」「翌日には腫れが引いた」という意見が出回っておりました。

自然由来の植物成分なので化学成分のような副作用は一切ありませんし、安全性はかなり高いので背中ニキビ以外の皮膚トラブルの解消として使われているのです。

しかし、肌に直接塗布して使うのならば、できる限り自然由来のオイルの方が良いので、オーガニック100%の「ティーツリーオイル・エクストラクト」や「プリマヴェーラ ティートリーbio」を購入しましょう。

もし、万が一ティーツリーが肌に合わなければ無理に使用するのではなく、当サイトでご紹介している無添加ジェルのジュエルレインを使って背中ニキビを治してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビと関係のある成分