背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すテラマイシン

   

terramycin

ジョンソンエンドジョンソンから販売されているニキビ治療薬の抗生物質がテラマイシンで、背中ニキビの処置としても利用できます。

顔と背中は厚さが違っても同じ皮膚という点では一緒なので、顔のニキビに使用できる塗り薬は背中ニキビにも使えるのです。

皮膚科で処方される外用薬の中でもテラマイシン軟膏の評判は高く、1本で500円~800円とお手頃な価格で販売されているからかもしれません。

1本で10,000円を超える化粧水を使ってスキンケアを行っても確実に背中ニキビを治せるわけではありませんし、時間とお金の両方を無駄にする可能性があるため、テラマイシン軟膏のような塗り薬で治療を進める方が多いのです。

テラマイシン軟膏には、オキシテトラサイクリンとポリミキシンBと呼ばれる抗生物質が含まれており、背中ニキビの原因となるアクネ菌やマラセチア菌の繁殖を防いでくれます。

オキシテトラサイクリンは細菌のタンパク質の合成を防ぎ、ポリミキシンBはアクネ菌やヘルペスを殺菌する働きがあり、両方の相乗効果で背中ニキビの治療が行えるというメカニズムです。

ただし、テラマイシン軟膏は炎症を起こした赤ニキビや、化膿した黄ニキビにしか効き目がなく、皮脂が詰まった初期段階の白ニキビや黒ニキビに使用しても意味がないので注意しましょう。

背中の白ニキビや黒ニキビは症状が悪化しておらず、毎日のスキンケアで十分に和らげられるので、当サイトでご紹介しているジュエルレインをおすすめします。

肌に潤いを与えて肌力をアップさせながら背中ニキビを治すコスメアイテムなので、一度通販でジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、外用薬のテラマイシンは皮膚に塗るタイプなので、内服薬とは違って副作用は引き起こされにくくなっております。

皮膚の痒みや刺激感、赤みといった副作用が確認されているものの、医師の指示に従って用法と用量を守って使っていれば大きな症状で悩まされることはないはずです。

抗生物質にしては副作用のリスクが少ないからこそ、テラマイシン軟膏は背中ニキビの治療として人気を得ているのかもしれません。

安全性が高いのにも関わらず、意外と即効性があり、1日に数回に渡って患部に塗布するだけという簡単な使い方となっております。

火傷した際の化膿止めや口内ヘルペスにも使われており、テラマイシン軟膏の殺菌力の高さがお分かり頂けるはずです。

しかし、上記でも説明したように、炎症を引き起こした背中ニキビにしか効き目がないので、自分の症状にテラマイシン軟膏が合うのかどうか専門医に相談してみてください。

 - 背中ニキビを治す薬