背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと鉄分

   

背中ニキビと意外にも関係している栄養素が鉄分で、生命活動に欠かせないミネラル分の一つです。

鉄分は皮膚の合成に欠かせない存在なので、背中ニキビを改善するために普段の食事から摂取する必要があります。

鉄分はほうれん草や小松菜を中心とする非ヘム鉄、肉類や魚類に含まれているヘム鉄の2種類があり、後者のヘム鉄の方が5倍から10倍も吸収率が高いのです。

そのため、背中ニキビの予防のために鉄分を摂取するのならば、ヘム鉄を含む食べ物を選ぶのが良いでしょう。

鉄分を定期的に摂取していれば肌のターンオーバーを促すことができるので、背中ニキビを中心とする肌荒れを予防できます。

鉄分に限らず、ミネラルは私たちの体内では生成されないため、日頃から意識して摂取しなければならない栄養素なのです。

普通の食生活を送っていれば極端に不足することはないものの、女性は初潮を迎えてから月経の度に鉄分が失われていくという特徴があるため、男性と比べて1日の目安摂取量は高くなっております。

成人男性が1日に摂取しなければならない鉄分の量が10mgなのに対して、成人の女性は1.2倍の12mgだと言われているのです。

もし、鉄分が体内から極端に不足すると、以下のような症状が引き起こされます。

・体内に血液中の酸素が行き渡らなくなって肌荒れやニキビを引き起こす
・ホルモンバランスが崩れて貧血を引き起こしやすくなる
・コラーゲンの生成にも関わっている栄養素なので肌の弾力が失われる
・免疫力が下がって風邪を引き起こしやすくなる
・生理不順が続いて不妊の原因に繋がる
・脚に違和感を感じるむずむず脚症候群に陥る
・白血球が作られにくくなってカビが増殖する

「何となく食欲がない」「倦怠感がある」「集中力が持続しない」「慢性的な頭痛に悩まされる」「朝起きるのが辛い」という症状の方は、鉄分不足に陥っているかもしれません。

飽食の時代と言われている現代でも、インスタント食品やファーストフード食品が多く出回り、鉄分不足に陥るケースは決して不思議ではないのです。

背中ニキビだけではなく健康が損なわれる可能性が高いので、レバーやホウレンソウなど鉄分が豊富に含まれた食品を意識的に摂取する必要があります。

また、コーヒーやお茶の中に含まれているタンニンは鉄分の吸収を悪くしますし、玄米に含まれているフィチン酸も同じようにヘム鉄と非ヘム鉄の両方の吸収率を下げてしまうのです。

そのため、普段の食生活で上手く補給できないのならば、サプリメントといった健康食品に頼ってみてください。

 - 背中ニキビと関係のある成分