背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビのケアを手作りの化粧品で

   

背中ニキビのケアを既製品ではなく、手作りの化粧品で行うのは選択肢の一つとなっております。

手作りの化粧水や石鹸を使って背中ニキビをケアしている女性は意外と多く、試してみる価値は大いにあるかもしれません。

確かに、市販で販売されている化粧品の中には、石油系界面活性剤や防腐剤といった添加物が含まれていることが多くなっております。

これらの添加物が肌へと大きな刺激になり、背中ニキビを治すどころか逆に悪化させているケースも十分にあるのです。

その点、手作りの化粧品ならば余計な成分を加える必要はありませんし、敏感肌で悩まされている方に最適なのではないでしょうか。

背中ニキビを治せる手作りの化粧品として最も高い人気を得ているのがレモンを使ったクエン酸ピーリングで、肌の古くなった角質を取り除いてターンオーバーを促すことができます。

柑橘系の果物の中に含まれている栄養素がクエン酸で、そのまま体内に取り入れても免疫力向上効果や疲労回復効果が得られるため、健康に最適なのです。

このクエン酸はピーリング効果も持ち合わせているため、肌へと塗布することで新陳代謝を促して背中ニキビを改善へと導いてくれます。

以下では、手作りのクエン酸ピーリングの肌への使用方法をご紹介しているので、背中ニキビで悩んでいる方は実際に試してみてください。

①水50mlと食品添加物用規格のクエン酸小さじ1杯を用意する
②水とクエン酸を混ぜ合わせてピーリング剤を作る
③肌へと塗布して数分間程度放置する
④その後に綺麗にぬるま湯で洗い流す

上記のように、クエン酸ピーリングの作り方も使用方法も非常に簡単で、今直ぐにでも取り入れることができます。

もちろん、医療機関で実施されているようなケミカルピーリングのような大きな効果は期待できず、個人の肌質によっては特に変化がないというケースもあるかもしれません。

それでも、高い費用を支払って施術を受けるわけではありませんし、何よりも自宅で背中ニキビを予防する処置を行える点がありがたいのではないでしょうか。

しかし、手作りのクエン酸ピーリングは肌への刺激が強く、「肌が赤くなった」「肌が痒くなった」「肌がピリピリと刺激を受けた」という口コミがありました。

背中ニキビだけではなく、シミや黒ずみにも効き目があるスキンケアですが、敏感肌の人には適さないので注意が必要です。

普通肌の人でもピーリングはただでさえ刺激が強いので、毎日行うのではなく、1週間に1回くらいの頻度に抑えてください。

 - 背中ニキビを治す化粧品