背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

タバコ・喫煙が原因の背中ニキビ

   

喫煙は直接的に背中ニキビの原因になるというわけではありませんが、タバコの中に身体にとって有毒な物質がたくさん含まれているのは事実です。

ニコチンやヒ素、カドミウムやトルエンなどタバコには何と4,000種類以上の化学物質が含まれており、その中の200種類以上は有害物質だと考えられております。

特に、喫煙によってニコチンが体内へと入り込むと血管を収縮させ、血行不良が引き起こされるのです。

血行不良によって肌の新陳代謝は損なわれますし、肌の回復に必要な栄養分が回りにくくなるため、背中ニキビの原因になったとしても不思議ではありません。

また、ニコチンはビタミンCを破壊すると考えられており、1本のタバコを吸うだけで25mg~100mg程度が消費されます。

ビタミンCは肌のターンオーバーを促したり、シミやソバカスを除去したりと重要な存在で、背中ニキビとも大きく関係しているのです。

喫煙によってビタミンCが大量に消費されれば肌トラブルは加速しますし、いくらサプリメントで栄養補給をしていても全く意味がないでしょう。

更に、タバコの活性酸素が体内から体外へと出る際に毛穴を使い、分泌された皮脂と結合して過酸化脂質に変化します。

毛穴の中に過酸化脂質が発生していると炎症が引き起こされるという特徴があるため、背中ニキビや顔ニキビの原因となるのです。

活性酸素はアクネ菌の異常繁殖を食い止めるという作用があるものの、大量に発生すれば周囲の細胞を壊してくすみやニキビ跡の原因となるため、肌にとっての大敵なのは間違いありません。

以上のように、百害あって一利なしなのがタバコで、背中ニキビを予防したいと考えているのならば今直ぐにでも禁煙を始めるべきです。

もちろん、肌だけではなく健康への悪影響も非常に大きく、喫煙を続ければ続けるほど「心筋梗塞」「肺がん」「気管支喘息」「悪玉コレステロ-ルの増加」「十二指腸潰瘍」といった病気を引き起こします。

身体に悪いと分かっていながらもやめられない依存症の方はいらっしゃいますが、今直ぐに禁煙できなくても、少しずつ量を減らしながら完全に吸わなくても良い状態になるまで努力するべきです。

現在では禁煙パイポや禁煙セラピー、ニコブロックやニコレットといった様々な禁煙グッズが登場しており、男性も女性も性別に関わらず利用しております。

背中ニキビのような肌トラブルならばまだしも、健康被害が引き起こされるリスクを考えればタバコは100%やめた方が良いので、自分のペースに合わせて禁煙にチャレンジしてみてください。

 - 背中ニキビの原因