背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと豆乳・納豆

   

tounyuu

背中ニキビを治すために、豆乳や納豆といった大豆製品を食べるのは一つの選択肢となっております。

それは、大豆製品の中にホルモンバランスを整えるイソフラボンと呼ばれる成分が含まれているからで、特に背中ニキビで悩まされている妊娠中や産後の女性におすすめです。

美肌を保つために気軽に摂取できる大豆製品が豆乳と納豆で、スーパーやコンビニでも販売されております。

妊娠中や産後の女性は子宮の収縮を抑えるためにプロゲステロンの分泌が増え、美肌を整えるもう一つの女性ホルモンのエストロゲンが減少しやすくなるのです。

そのホルモンバランスの崩れによって新陳代謝も低下し、肌が酸化しやすくなって背中ニキビができやすいため、イソフラボンを摂取するために豆乳や納豆を利用するのは良いかもしれません。

それに、イソフラボンには美白作用や保湿性の向上といった働きも持ち合わせているため、背中ニキビだけではなくありとあらゆる肌トラブルに効き目のある栄養素なのです。

そこで、以下では背中ニキビと関係のある食品の豆乳と納豆について詳しく説明しているので、是非一度参照してみてください。

 

<豆乳>
豆乳は水と大豆のみしか使っていない無調整豆乳や、砂糖や油分を加えた調整豆乳、果実やコーヒーを加えた豆乳飲料など様々な種類があります。

製品によって含まれている成分には違いが生じているものの、ビタミンB群やパントテン酸、ナイアシンや葉酸など、肌と密接な関わりを持っている栄養素が豊富なのです。

特に、細胞の成長や代謝を促すビタミンB群が大きな効果を発揮し、乳酸菌の栄養源となる大豆オリゴ糖によって免疫力を高めて便秘を解消してくれます。

背中ニキビだけではなく便秘で悩んでいる女性は多いため、症状を緩和するためにも豆乳を毎日の食生活に取り入れるべきです。

しかし、豆乳飲料の中には脂肪分も多く、飲みすぎによって皮脂の過剰分泌を引き起こし、逆に背中ニキビが増える原因となるので注意しなければなりません。

 

<納豆>
納豆には美肌効果や美白効果があるということで、以前からテレビを中心とするメディアで取り上げられてきました。

ダイエットにも最適な食品で、納豆ダイエットにチャレンジしている女優さんもいらっしゃるのです。

この納豆にはイソフラボンだけではなく、血液をサラサラにして新陳代謝を高めるリノール酸や、強い抗酸化作用を持ったビタミンEが含まれております。

スーパーやコンビニで納豆を購入して直接食べるだけで、美容と健康に欠かせない栄養素を摂取できるため、背中ニキビの対策としても役立つのです。

そこで、納豆が持ち合わせた本来の効果を活かすために、「良くかき混ぜてネバリ成分を出す」「夕食に食べる」という2つを守りましょう。

 - 背中ニキビと関係のある食品・飲み物