背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

トリートメントが原因の背中ニキビ

   

毛髪の内部にタンパク質成分を浸透させ、ダメージを補修したりツヤを出したりできるトリートメントを髪の毛に使用している女性はいらっしゃいます。

しかし、このトリートメントの使用が原因で背中ニキビが引き起こされることがあるので注意しなければなりません。

髪の毛のダメージケアやコシを出すために使用するトリートメントやコンディショナーには、化学的な成分がたくさん含まれております。

石油系の界面活性剤や防腐剤、パラベンといった添加物が多く、髪の毛を洗い流した際に背中に付着することにより、背中ニキビが形成される原因となるのです。

トリートメント自体に問題が潜んでいるわけではなく、「きちんと洗い流さずにお風呂から出てしまう」というバスタイムの過ごし方に原因があると説明した方が良いでしょう。

自分ではきちんと背中を洗い流しているつもりでも、トリートメントの中にカチオン界面活性剤が含まれている場合、イオン的吸着が強いのでいつまでもヌルヌルの状態となります。

肌に残留しやすい成分が使われているのは紛れもない事実で、これが肌に残されて毛穴の中に詰まり、背中ニキビや肌荒れといった皮膚障害を引き起こすのです。

以上のように、トリートメントやリンスといったヘアケア剤は美しい髪の毛を保つために欠かせないグッズですが、背中に残されていれば確実に肌荒れの原因となります。

背中は手が行き届かず、ただでさえケアが疎かになりがちなので、シャンプー剤やトリートメントが付着しないように念入りに洗い流すようにしてください。

また、現在ではアウトバストリートメントと呼ばれる洗い流さないタイプのトリートメントが流行っており、お風呂から出た後の濡れた髪の毛に使用します。

オイルタイプやクリームタイプ、ミルクタイプやミストタイプなど幾つもの製品が登場しておりますが、以下のような効果が得られるのです。

・ドライヤーの熱から髪の毛を守る
・毛髪にツヤやコシを与える
・髪の毛の引っ掛かりをなくす
・栄養分を与えてダメージを補修する
・毛髪に湿気を含ませないようにする

髪の毛にとっては洗い流さないタイプのトリートメントの使用は効果的ですが、お風呂上りに使用する製品なので、毛先についた薬剤が知らず知らずのうちに背中や首筋に付着しやすくなっております。

特に、髪の毛が長い女性は洗い流さないタイプのトリートメントが原因で、背中ニキビや胸元ニキビが形成されやすいため、できる限り使用は避けた方が良いのです。

付着した成分が時間の経過によって酸化し、空気中のホコリや汚れと融合して雑菌を繁殖させる要因ともなるので、十分に注意してください。

 - 背中ニキビの原因