背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すトレチノイン

   

トレチノイン酸とはビタミンAの誘導体で、美肌作りに欠かせない有効な物質のことを指しております。

この成分が含まれているのがトレチノインクリームで、背中ニキビや背中ニキビ跡の症状を和らげるのに効果的だと言われているのです。

ビタミンA自体は血液中にも含まれている成分ということで、特に危険性はありません。

トレチノインクリームはピーリング作用や皮脂分泌のコントロール、肌の生まれ変わりを促進する作用などを持ち合わせているため、背中ニキビの治療として用いられているのです。

実際に、トレチノインクリームが有効とされる肌トラブルとしては以下が挙げられます。

・ニキビ
・シワ
・シミ
・色素沈着
・黒ずみ
・くすみ
・毛穴の開き
・火傷
・日焼けの跡
・ソバカス
・オイリー肌

上記のように、トレチノインクリームが様々な肌トラブルに効き目があることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

特に、ピーリング作用とターンオーバー促進作用を持ち合わせているところが大きなポイントで、これが背中ニキビに効果があると言われている所以です。

肌に塗布することで古くなった角質が取り除かれ、毛穴詰まりを予防できます。

生活習慣の乱れによってターンオーバーが乱れている方は多く、無駄な角質が肌に残されていれば毛穴に詰まって背中ニキビが形成される大きな原因となるのです。

他の外用薬と同じように、トレチノインクリームも化粧水や美容液を塗布する際に使用していきます。

コラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分の産生を促進する効果も持ち合わせているため、背中ニキビやシミを改善するだけではなく、肌に弾力やハリを与えられるのです。

トレチノインクリームはアレルギー反応や抗原抗体反応のリスクが少なく、アメリカのFDAに認可された治療薬ということで、シワや背中ニキビ、ニキビ跡の改善のために用いるのが良いかもしれません。

背中ニキビが治っても、ポツポツと色素沈着タイプのニキビ跡で悩む女性は多いですし、美容に大ダメージが加わるのは間違いないので、トレチノインクリームで処置を行ってみるべきです。

また、新陳代謝を促進してメラニン色素を内部から体外へと排出させる効果も持ち合わせているので、脇の下や鼻に形成される毛穴の黒ずみで悩む女性にも最適な塗り薬なのではないでしょうか。

ただし、安全性の高い塗り薬といっても、背中ニキビや毛穴の黒ずみに効果が高い代わりに、肌の潤いを損ねて乾燥が促されるというデメリットがあります。

それに、敏感肌の方はトレチノインクリームの使用でピリピリとした刺激を受けるかもしれないので、当サイトでご紹介しているジュエルレインを使用して背中ニキビの対処を行ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビを治す薬