背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治す椿油

   

ヤブツバキの種子から採取されるオイルが椿油で、顔のニキビや背中ニキビなど、スキンケアに大きく役立ちます。

酸化しにくいオレイン酸が椿油の中には多く含まれており、私たちの皮脂もオレイン酸がメインで構成されているので、肌に使用できることはお分かり頂けるはずです。

椿油の中には殺菌作用のあるサポニンが含まれており、アクネ菌に繁殖によって症状が悪化した背中ニキビに効き目があります。

頭皮や顔と同じように背中も皮脂の分泌が多い場所の一つで、不衛生な状態を保っていると様々な肌トラブルが引き起こされやすくなるので注意しなければなりません。

椿油を肌に塗布すれば雑菌が繁殖しない良好な状態を保てますし、抗炎症作用を持った成分も配合されているため、背中ニキビの改善や予防として適しているのです。

椿油のサポニンには抗菌作用や抗カビ作用があるということで、古くから現代の石鹸の代わりとして重宝されてきました。

スキンケアだけではなくヘアケアとしても大きな効果を発揮するため、以下のような悩みを抱える女性におすすめです。

・背中ニキビを治したい
・肌のざらつきを解消したい
・毛穴に詰まった汚れを除去したい
・目の下のたるみやクマが気になる
・ガサガサと乾燥した肌を何とかしたい

椿油はただ肌へと塗布するだけではなく、クレンジングやヘアケアとしても利用できます。

下記では正しい使い方をご説明しているので、一度確認してみましょう。

<クレンジングとして椿油を使う>
①手を清潔に洗う
②500円玉サイズの椿油をとって手の平で温める
③オイルを肌へと優しく塗布していく
④汚れが浮き上がったらティッシュで拭き取る
⑤普段と同じように石鹸で優しく洗う
⑥肌に良い成分が多いので市販のクレンジング剤よりも刺激を抑えられる

<ヘアケアとして椿油を使う>
①普段と同じようにシャンプーやコンディショナーを行う
②手の平に適量の椿油を出す
③ショートヘア:1滴、ミディアムヘア:2滴、ロングヘア:3滴
④手の平で温めて毛先を中心に馴染ませる
⑤手ぐしでムラなく髪の毛に馴染ませる
⑥ドライヤーで根元から毛先に向かって乾かして完了
⑦髪の毛のパサ付きを改善してツヤを出せる

上記の方法以外にも、紫外線を防ぐ作用が椿油にはあるので、シミやソバカスを防ぐ紫外線対策としても利用できます。

ただし、背中ニキビ専用のオイルというわけではないので、既に肌に形成されているという女性は、当サイトでご紹介しているジュエルレインを毎日のスキンケアに取り入れてみてください。

 - 背中ニキビを治す化粧品