背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを潰すとどうなるの?

   

背中ニキビに限らず顔のニキビにも同じように言えますが、インターネットでは潰すと治りが早くなると記載されておりました。

確かに、皮脂が毛穴に詰まった段階の初期状態の背中ニキビならば、潰して中の角栓やコメドを押し出すことで綺麗に治る場合があります。

正しい方法でニキビを潰すとニュルっと白いものが出てくるのですが、これがいわゆる芯というものです。

白ニキビや黒ニキビの状態ならば炎症は引き起こされていないため、原理的には潰しても特に問題はありません。

実際に、医療機関では一つ一つコメドを取り除く面ぽう圧出という治療が実施されており、背中ニキビの効果的な治し方の一つです。

背中ニキビの頂点にレーザーで小さな穴をあけ、その後に専用の器具を使って丁寧にコメドを取り出していきます。

医療機関ではなく、自宅でも通販や量販店で販売されているコメドプッシャーとピンセットを使用し、潰す方法で背中ニキビを治すことが可能です。

コメドを取り除いた後は雑菌が患部に入り込みやすいので、念のためにマキロンといった消毒液も同時に用意しておいた方が良いでしょう。

乱暴に背中ニキビを潰すような真似をしなければ出血することはありませんし、コメドを潰せば皮脂が毛穴の中になくなるため、アクネ菌やブドウ球菌の繁殖も防げます。

しかし、それでも自分で潰すという治し方は危険で、失敗すれば肌にニキビ跡が形成されてしまうのです。

それに、顔ニキビならばまだしも背中ニキビを自分で潰すのは少々無理がありますし、皮膚科で処置を施してもらった方が遥かに安全なのは間違いありません。

どうしても自宅で背中ニキビを治したいのならば、潰して治すのではなく当サイトでご紹介しているジュエルレインを使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、背中ニキビを潰して治すのは、専門医が正しい知識を持っていることが大前提となっております。

素人のにわかな知識では危険ですし、コメドプッシャーといった専用の器具を用意したとしても試さない方が良いのです。

もし、潰した背中ニキビが白ニキビではなく、炎症を伴った赤ニキビだった場合、物理的な刺激によって更に症状は悪化します。

皮膚の細胞の下層部分まで炎症が進んだ赤ニキビや、患部が膿を持った黄ニキビを潰すとクレータータイプのニキビ跡が肌に形成されるかもしれません。

一度ニキビ跡が肌に生じると、美容皮膚科でフォトフェイシャルやレーザー治療、ケミカルピーリングといった専門的な処置を施さなければならなくなるのです。

月面のクレーターのように凸凹になった肌が綺麗だとは100%言えませんし、余計に治りにくくなるのは間違いないので、自分勝手な判断で処置を施さないようにしてください。

 - 背中ニキビに関するFAQ