背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと膿

   

背中や顔に形成されるニキビは、「白ニキビ」⇒「黒ニキビ」⇒「赤ニキビ」⇒「黄ニキビ」と変化していきます。

白ニキビや黒ニキビは皮脂が毛穴に詰まった段階なので毎日のスキンケアで治せるものの、黄ニキビまで進行すると患部から膿が発生するので自宅で綺麗に治すのは難しいかもしれません。

ほとんどの背中ニキビは膿を持っていることはありませんが、肌が不衛生な状態に陥っていると雑菌が繁殖し、白血球がアクネ菌をやっつける際に炎症部分が溶解して皮膚内に膿が溜まります。

膿を持った背中ニキビは赤く腫れ上がり痛みを伴うことも多く、放置すればするほどどんどん症状は悪化していくので早めに皮膚科を受診して正しい治療を受けるのがベストです。

「背中ニキビを潰して中の膿を取り除けば症状が和らぐのではないか?」と考える方はいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、患部の膿や芯を正しい方法で全て出し切れば、背中ニキビの改善に繋がります。

しかし、正しい知識を持たない素人が自己判断でこのような処置を行うと、中途半端に患部に膿が残り、ニキビ跡となって肌に残る可能性が高いので絶対に試してはいけない方法なのです。

専用の器具を使って膿を出す方法は面皰圧出法と呼ばれておりますが、専門医が正しい知識を持った上で行わなければならないので、自宅での処置は危険だと言えます。

面皰圧出器は薬局やドラッグストアで販売されているものの、背中のニキビ跡を作らせないためにも医療機関を受診して安全に治していかなければなりません。

そもそも、背中ニキビが形成されてからといって直ぐに膿を持つわけではなく、上記でも説明したように白ニキビや黒ニキビの段階で正しいスキンケアで治す必要があります。

・頻繁に患部を触っている
・痒みで引っ掻いてしまう
・化学繊維の洋服で刺激を受ける

上記のような原因で背中ニキビの症状が悪化し、次第に膿を持つようになります。

背中は手が行き届きにくい部位ですが、背中ニキビが気になって触っていると雑菌が付着しやすくなりますし、無意識のうちに引っ掻いてしまえば傷が付いてしまうのです。

ナイロンやポリエステルなど化学繊維の素材で作られた衣服も背中ニキビの症状を悪化させる要因なので、膿を持つニキビを予防するためにも天然繊維の衣服を着用した方が良いでしょう。

当サイトでご紹介しているジュエルレインは膿を持った背中ニキビを治すのは難しいものの、早めの段階ならば肌に潤いを与えながら改善してくれるので、一度使用してみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 

 - 背中ニキビと関係のある症状