背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビはうつるの?

   

背中に赤いブツブツが無数に形成されるマラセチア毛包炎は人から人へとうつる可能性があるものの、背中ニキビは基本的には感染することはありません。

確かに、背中ニキビや顔ニキビが形成されている人と一緒に生活していると、自分にもうつるのではないかと不安になります。

しかし、背中ニキビの原因となるアクネ菌やブドウ球菌といった皮膚常在菌は誰の肌にも存在しているので、感染することはないとお分かり頂けるはずです。

それに、雑菌と聞くと人の肌には不要だと考えるかもしれませんが、アクネ菌(プロピオニバクテリウム・アクネス)には肌のバランスをコントロールする働きがあります。

皮膚常在菌が余分に分泌された皮脂を食べたり、太陽の紫外線の刺激から守ったりしてくれるので、私たちは常に健康的な肌の維持できるのです。

それでも、アクネ菌やブドウ球菌があまりにも過剰繁殖すると肌の環境が悪化して背中ニキビが形成されやすくなるため、肌トラブルを予防するためにも常に清潔な状態で保てるようなケアを行った方が良いでしょう。

「背中ニキビはうつる」という噂が飛び交っているのは、アクネ菌が相手に付着して繁殖するからかもしれません。

とは言え、肌が触れ合ってアクネ菌が移動したとしても、元々皮膚に存在している常在菌という点では変わりないため、背中ニキビは感染病ではないのです。

どちらにしても、肌に形成された肌トラブルは早めに解決しなければならないので、当サイトでご紹介しているジュエルレインの使用をおすすめします。

皮脂をコントロールするだけではなく、肌の炎症を和らげて保湿を重点的に行わなければならないので、是非一度ジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、背中ニキビは感染病とは異なるため、肌トラブルが酷い人と一緒に生活していてもうつることはありません。

「恋人と付き合いだしてから背中ニキビが増えた」と感じている方は少なからずいらっしゃるものの、人から人へとうつることはないので気のせいなのです。

とは言え、恋人と付き合いだしてから食生活が乱れたり、遊びすぎて睡眠不足に陥ったりすれば肌の回復力が失われて背中ニキビが形成されやすくなります。

背中ニキビや顔ニキビは普段の生活習慣と密接な関わりがあり、予防するためには規則正しい生活を送るように心掛けた方が良いでしょう。

軽度の背中ニキビならばまだしも、クレーターや色素沈着といったニキビ跡へと変化すると自宅でのケアだけでは改善が難しくなります。

凸凹の肌が形成されていてイメージが良くなることは絶対にないので、美肌を手に入れるためにも背中ニキビの予防を重点的に行ってみてください。

 - 背中ニキビに関するFAQ