背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビを治すビタミン剤

   

背中ニキビを治すために内服薬や外用薬を使用するのではなく、ビタミン剤を取り入れるのは一つの選択肢となっております。

「ビタミン剤で背中ニキビを治せるわけがない」と考えている方はいらっしゃるかもしれません。

しかし、背中ニキビや顔ニキビの治療のために皮膚科を受診すると、個人の症状によっては医師からビタミン剤が処方されることがあります。

もちろん、抗生物質と合わせて処方されることもありますし、ビタミン剤だけで背中ニキビの炎症や化膿を和らげられるわけではないのです。

それでも、肌の回復のためには様々なビタミン類が必要で、皮膚組織の回復を早めて新陳代謝を高め、背中ニキビが悪化しにくい状況を作ってくれます。

市販のサプリメントと比較するとビタミン剤の方が圧倒的に吸収率が良く、集中的な補給で素早い改善が期待できるのです。

シナールやハイチオールといったビタミン剤が有名で、症状が軽ければ医薬品に頼らなくても背中ニキビを治すことは十分にできます。

特に、ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6の3種類が背中ニキビの改善には重要で、それぞれどのような働きを担っているのか見ていきましょう。

 

<ビタミンC>
ビタミンCは「美肌のビタミン」と呼ばれているだけあって非常に大きな効果が期待できます。

皮膚に存在しているコラーゲンの生成を促し、シミやソバカスの原因となるメラニン色素をやっつけてくれるのです。

高い抗酸化作用によって老化の原因の活性酸素を取り除いてくれますし、身体の抵抗力をアップさせてくれるのも得られる効能の一つかもしれません。

ほぼ全てのビタミン剤の中に、このビタミンCが配合されているはずです。

 

<ビタミンB2>
ビタミンB2には脂質の代謝を促して、皮膚の再生に働きかけてくれるため、背中ニキビの改善に必要な栄養素となっております。

脂質を分解して身体を動かす際に欠かせないエネルギーに変えてくれるものの、不足すると分解できなくなり、分泌される皮脂が増えて背中ニキビが肌に形成されやすくなるのです。

皮膚や粘膜を正常に保つ働きもあるので、毎日の食生活やビタミン剤できちんと補給しましょう。

 

<ビタミンB6>
脂質の代謝をサポートし、肌をみずみずしい状態で保ってハリやツヤを出すという効果がビタミンB6にはあります。

背中ニキビの治療として処方されるビタミン剤の中に含まれていることが多く、女性ホルモンのバランスを整えてくれるので女性にとって欠かせない栄養素なのです。

 

 

普段の食生活でこれらのビタミンをバランス良く摂取するのは想像以上に難しいですし、ビタミンCは喫煙などで大量に消費されてしまうため、錠剤やカプセルのビタミン剤を取り入れてみてください。

 - 背中ニキビのケア