背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとワックス

   

美しい背中を保つために、医療機関やエステサロンで背中脱毛を行っている女性は多いかもしれません。

男性にとっては全く関係のない話ですが、背中に産毛が生えているだけでも水着を着るとイメージが悪くなるので、背中脱毛を受けるのがおすすめです。

しかし、脱毛用に開発されたワックスを皮膚に塗布して、引き剥がすことで毛から毛根を取り除くワックス脱毛は背中ニキビの原因となるので注意が必要となります。

「脱毛処置を行って背中ニキビが肌に形成された」という方は、ワックス脱毛を受けたのではないでしょうか。

背中は毛穴が大きく、毛根を引き抜いた後の毛穴の中に雑菌や汚れが詰まりやすくなり、ムダ毛を処理して一見綺麗になったかのように見えても、逆に背中ニキビが形成されて美容に大ダメージが加わるのです。

他にも、「痒くなる」「汗をかきやすくなる」「痛みがある」「色素沈着のリスクがある」「内出血や炎症を引き起こすことがある」「毛が伸びていないと施術を受けられない」というデメリットがあります。

特に、敏感肌や乾燥肌といった悩みを抱えている女性は、ワックス脱毛を避けた方が良いかもしれません。

とは言え、ワックス脱毛には以下のようなメリットがあるので、医師と相談して受けてみるのは選択肢の一つです。

・他の脱毛法よりも安価な価格で施術を受けられる
・30分間程度と施術時間が短い
・どんな毛質をお持ちの方でも施術を受けられる
・無駄な角質を取り除くピーリング効果が得られる
・火傷などのリスクがない

また、脱毛の方法によっては背中ニキビの改善に繋がると言われており、それは背中の毛を取り除くことで汗や汚れが毛穴の中に溜まりにくくなるからです。

汗だけではなくシャンプー剤やトリートメントが背中の毛穴の中に詰まり、炎症を起こして背中ニキビの症状が悪化する可能性があるので、毛を取り除く脱毛は肌トラブルの原因というわけではありません。

とは言え、上記でも説明したようにワックス脱毛は肌への刺激が強すぎるので、サロンで実施されている光脱毛をおすすめします。

現在ではIPL(インテンスパルスライト)といった機械から発せられる光を肌へと照射し、毛根のメラニンを刺激して脱毛を図るのが光脱毛で、抗菌作用や抗炎症作用が期待できるのです。

サロンで使われているマシンの性能によっても異なりますが、ワックス脱毛とは違って刺激が抑えられているので、光脱毛で背中ニキビが形成されることは少ないでしょう。

以上のように、医療機関やサロンによって様々な方法で脱毛が行われているので、どれが自分の肌質に適しているのか専門医やエステティシャンに伺ってみてください。

 - 背中ニキビのケア