背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビと葉酸

   

葉酸とは葉野菜や豆類といった食べ物の中に含まれているビタミンB群の一種で、背中ニキビとも大きな関係性があります。

妊娠や出産など女性と密接な関係性がある栄養素として知られているものの、シミやニキビといった肌荒れに対しても有効に働くのです。

葉酸は粘膜の代謝機能を高める働きを持ち合わせており、皮膚の新陳代謝を促進する際にも役立つ栄養素となっております。

私たちの皮膚は約28日周期で入れ替わっており、切り傷や火傷が自然と治っていくのはターンオーバーが備わっているからです。

このターンオーバーが乱れていると古くなった角質が無駄に肌に残される形となり、毛穴の中に詰まって背中ニキビの原因となるので十分に注意しなければなりません。

肌のターンオーバーが乱れる原因としては以下が挙げられます。

・加齢によって肌の生まれ変わりの機能が弱くなった
・睡眠不足による成長ホルモンの分泌の減少
・偏った食生活による栄養不足
・アルコールの過剰摂取
・血行不良による生まれ変わりのリズムの遅れ
・太陽から降り注いでいる紫外線
・気温や湿度が低くなったことによる肌の乾燥

上記のような要因でターンオーバーは乱れやすく、角質が硬くなって背中ニキビが形成されやすくなるだけではなく、シミやシワといった肌トラブルの原因となります。

そのような状態を防いでくれる栄養素の一つが葉酸で、皮膚の新陳代謝が活発になれば自然治癒力は向上するはずです。

それに、葉酸は血球を新生する造血作用も持ち合わせており、血行不良の改善によって肌荒れを予防できます。

体内に老廃物が溜まることでも背中ニキビが肌に形成されやすいため、無駄な毒素を体外へと排出しなければならないことはお分かり頂けるはずです。

葉酸が含まれている具体的な食品としては以下が挙げられます。

・レバー
・うなぎ
・うに
・えだまめ
・モロヘイヤ
・芽キャベツ
・パセリ
・ほうれん草
・菜の花
・よもぎ
・あさつき
・アスパラガス
・オクラ
・春菊
・アボカド

国民健康や栄養調査結果により、日本人は十分な量の葉酸を毎日摂取できているため、特に意識する必要はないかもしれません。

しかし、妊娠中の女性は普段よりも2倍以上の葉酸が必要で、体内から不足すれば背中ニキビを中心とする肌トラブルに悩まされやすくなります。

体内への吸収率が高い栄養素でもないので、葉酸を効率良く取り入れるために毎日の食事だけではなく、通販で販売されているサプリメントに頼るのも選択肢の一つです。

もちろん、妊娠中に自己判断でサプリメントを取り入れるのは危険なので、摂取する前にかかりつけの医師に相談してみてください。

 - 背中ニキビと関係のある成分