背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

背中ニキビとざらつき

   

肌のざらつき程度ならばまだ背中ニキビは悪化していない状態なので、普段のスキンケアで克服することは十分にできます。

肌のバランスが乱れた時に背中のざらつきが引き起こされるという特徴があり、間違ったケアを行えば肌の状態は更に悪化し、背中ニキビへと発展していくのです。

女性であれば誰でも肌のざらつきは気になるはずですし、スベスベの肌を手に入れたいと考えるのではないでしょうか。

当然のように背中ニキビが引き起こされていればスベスベの肌とは遠くなるため、低刺激の優しいコスメを探してスキンケアを行うのがベストです。

特に、毎日身体を洗う際に使用するボディソープを見直してみた方が良いかもしれません。

市販で販売されているボディソープの中には石油系界面活性剤を中心とする添加物が含まれており、デリケートな背中の肌には大きな刺激となります。

確かに、洗浄力が強くて汚れを落とす力は強いものの、肌の健康に欠かせない皮脂まで洗い落として乾燥を促す結果になるのです。

更に、ナイロンタオルや固いボディスポンジを使ってゴシゴシと洗っていると、皮膚に大きな負担が加わってざらつきは今以上に酷くなります。

そこで、無添加成分で構成された固形石鹸や、天然クレイ(粘土)入りのボディソープがおすすめです。

また、肌を洗った後の保湿ケアも重点的に行わなければならないので、当サイトでご紹介しているジュエルレインを使ってみましょう。

肌に潤いを与えながら既に形成された背中ニキビを治せる美容ジェルなので、是非一度ジュエルレインを使ってみてください。
 

>>> ジュエルレインの詳細はこちら

 
さて、肌のざらつきを抑えるために、徹底的に汚れを落とさなければならないと考えている女性は多いかもしれません。

確かに、皮脂や汚れが毛穴の中に詰まればざらつきが生じますし、背中ニキビが引き起こされる原因ともなります。

しかし、上記でも説明したように、肌に必要な潤い成分まで落としてしまっては、外部からの刺激に敏感になり、皮膚細胞は傷付けられてしまうのです。

これは背中の肌だけではなく、顔の肌にも同じようなことが言えます。

顔のざらつきも美容を損ねる大きな原因なので、「汚れを効率良く落とすために蒸しタオルで毛穴を開かせる」「クレンジングをオイルタイプからミルクタイプに変える」という点を守ってスキンケアを行ってみましょう。

もちろん、普段のスキンケアは年齢に合わせたベストな方法を取らなければなりませんし、自分の肌質を知ることから始めるのが一番です。

 - 背中ニキビと関係のある症状